医療イメージ
ライン

診療内容

おしり専門

肛門外科

このような症状でお困りの方はご相談ください。
  • 便が出づらい

  • 排便のときに痛みや出血がある

  • おしりに違和感・軽い痛みがある

  • 肛門のまわりがザラザラ、イボイボしている

  • 肛門がふくらんでいる

  • おしりから血がでる

  • おしりが痛い

  • おしりがかゆい

  • 肛門にビラビラしたところがある   などなど

「ぢ」

痔とは肛門と肛門周辺にできる病気の総称です。

「日本人の3人に1人は痔に悩んだことがある」と言われるほど、 非常に身近な病気の一つです。

痔は主に次の3つのタイプに分けられます。

・いぼ痔(痔核)

肛門に強い負担がかかることで、肛門を閉じる役割をするクッション部分が腫れた状態。内痔核と外痔核があります。

・きれ痔(裂肛)

硬い便の排泄や下痢によって肛門が切れた状態。

・あな痔(痔瘻)

歯状線のくぼみから細菌が入り込み、中で膿がたまり(肛門周囲膿瘍)、その膿が出たあとに肛門内部に通じる管が残った状態。

お尻を抑える女性
 
おなか専門

胃腸内科

このような症状でお困りの方はご相談ください。
  • 胃が痛い

  • 胸焼けがつづく

  • ゲップがよくでる

  • 便秘がつづく

  • 胃がつかえた感じがする

  • おなかがはる

  • おなかが痛い  などなど

胃内視鏡検査(上部内視鏡・胃カメラ)

内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸などを検査します。

患者様の負担軽減のために鼻からでも、口からでも挿入可能となっております。

当院では、苦痛の少ない方法で検査を行っております。悪性腫瘍(胃がん、食道がん、咽頭がんなど)だけでなく、急性・慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症の診断にも使用します。

対象疾患

逆流性食道炎・食道がん・急性胃粘膜病変・胃潰瘍・胃がんなど

大腸内視鏡検査(下部内視鏡)
お腹を抑える女性

大腸内視鏡検査は、大腸の内側を内視鏡スコープにて観察し、大腸内の炎症や潰瘍、ポリープ、がんを発見することができます。 検査中に粘膜組織の一部を採取したり、ポリープを切除することができます。採取した組織やポリープを病理検査することで詳しい検査が可能となります。

対象疾患

大腸ポリープ・大腸がん・大腸炎・潰瘍性大腸炎・痔疾患など

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査は国や地方自治体の補助で費用がかかりません。原則保険適用される検査です。

 

院内設備